データの作り方/服の印刷

データ形式は下記の2形式(完全データ)のみ対応させていただいております。

 

Adobeイラストレーター形式(CS3以下で保存)

必ず文字部分はアウトライン化してください。

イラストレーターで入稿いただく場合、デザインの線の太さは0.75pt以上で作成してください。

0.75pt以下の線はプリントの表現が難しくなります。*細かいデザインの場合はご相談ください。

2色刷り以上の場合、1レイヤーごとに使用する色(1色づつ)を配置してください。

*2色刷りの場合、レイヤー数は2枚になります。3色刷りの場合はレイヤー数は3枚です。

データのカラーモードはCMYKでお願いいたします。


Adobeフォトショップ形式(CS3以下で保存)

データ解像度は350dpi/inch以上で、ご希望のプリントサイズ(原寸)に合わせてください。

2色刷り以上の場合、1レイヤーごとに使用する色(1色づつ)を配置してください。

*2色刷りの場合、レイヤー数は2枚になります。3色刷りの場合はレイヤー数は3枚です。

細かいデザインの場合、プリントの表現が難しくなります。*細かいデザインの場合はご相談ください。

データのカラーモードはCMYKでお願いします。

 




シルクスクリーンプリント・多色刷りで、使用する色別にレイヤーを分けていない場合、データにより分版作業用の修正料が発生する場合があります。

解像度の高いものの提出を推奨します。
*形式、その他提出の際に分からない事があれば、お気軽にお問い合わせください。

手書き、プリントアウト、上記2形式以外のデータは印刷可能データを作成しなければならないため、別途費用がかかります。お問合せフォームよりご相談ください。



 


HomeHome

ご注文内容  

(0)
広告